大人ニキビのスキンケア・ニキビケア対策には基本形があります

繰り返す大人ニキビでお悩みの方が多いのですが、
大人ニキビを繰り返す原因は、毎日のスキンケアに問題があるかも・・・

 

ニキビができるとスキンケアを中止してしまう方がいらっしゃいます。
そこにはスキンケアができない理由がありました。

 

ニキビにピリピリ浸みるから。。。
化粧水さえも使えないんです。
とても痛いの。

大人ニキビ 化粧水

 

 

まずピリピリ浸みない大人ニキビ用の化粧水を探しましょう

もし、いつもの化粧水が浸みるのなら、ニキビケア専用の化粧水に替えればいいのです。
これらの化粧水には、やさしく浸透する技術が使われています。

 

大人ニキビの一番の原因は、肌のバリア機能低下による部分的な乾燥による潤い不足 でした。
したがって、潤いを与えれば改善することができます。

 

浸みない化粧水なら、スキンケアを続けることができます。
スキンケアで保湿ができるから、もうニキビを繰り返さない大人ニキビケアができるのです。

 

浸みない大人ニキビ用化粧水ならこちらが有名です

 


ルナメアAC スキンコンディショナー

ルナメアAC

 

医薬部外品

ノンコメドジェニックテスト済

 

ビーグレン クレイローション

ビーグレン

 

医薬部外品 薬用化粧水

「抗炎症」と「保護」の2つの作用

 

ノブ ACアクティブ フェイスローション

ノブ

 

医薬部外品

アクネ菌の増殖を抑えるpH3.5

ノンコメドジェニックテスト済

 

 

これらの化粧水は、刺激が少ないのに、ニキビの炎症を抑え、さらに肌内部の潤いを促進するという特徴があります。
また、医薬部外品、薬用化粧品なのでニキビを抑える有効成分が配合されています。

 

医薬部外品とは、医薬品医療機器等法で定められて3つの分類のうち、医薬品と化粧品の中間に位置付けられたもので、厚生労働省に認可された有効成分が配合されたものを指します。

 

かんたんに言うと、化粧品よりも肌トラブルを改善する効果が期待できるということです。

 

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

10代のニキビは思春期ニキビなので治し方も選ぶ化粧品も異なります

10代のニキビは思春期ニキビなので、大人ニキビとは治し方が異なります。
もし20歳前後の方で、自分が「思春期ニキビ」なのか「大人ニキビ」なのかわからない方は、ニキビができてしまった部位で、まずだいたいの判断ができます。

 

1.思春期ニキビができる場所
   頬、額、Tゾーンなどのオイリーな部分

 

 2.大人ニキビができる場所
   フェイスライン、あごなどの顔の周辺部分

 

 

ニキビができる場所も異なるのですが、治し方も異なります。
思春期ニキビの方が、たくさんできて、大きなニキビが多いように思いますが、実は大人ニキビの方が厄介なのです。

 

どちらかというと、思春期ニキビの方が肌トラブルケアはシンプルなのです。

 

その理由はニキビができる原因が異なるからです。
大人ニキビは、おもに肌が乾燥してしまうことによる肌トラブル、肌荒れなのですが、そこに至る原因がとても複雑なのです。

 

生活習慣、ストレス、生理周期、ホルモンバランス、紫外線、育児、過労、飲酒、タバコ、睡眠不足などなど。
直接的、間接的な肌へのストレスや精神的な不安などが複合的に絡み合うので、なかなか根治することができないのです。

 

それに対し思春期ニキビができる原因は、成長期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌です。
したがって、皮脂分泌に対するケアをしっかりしてやれば、改善ができます。

 

具体的な思春期ニキビケアは、

 

 1.正しい洗顔で毛穴に皮脂がたまらないようにする

 

 2.アクネ菌が繁殖を抑えるため、殺菌清潔を保つ

 

 3.肌に刺激を与えない 触らない 潰さない

 

 4.基本的には10代は肌内部の保湿は不要です

 

 

また、思春期が終われば、思春期ニキビはなくなるので、スキンケアが必要な期間も限定されます。
とはいえ、この時期のニキビは大量にできたり、顔全体に広がる方もいらっしゃるので、きちんとケアしないと、将来ニキビ跡が残ったり、傷から雑菌が入ってしまうと、ひどい炎症を起こしてしまうこともあります。

 

また原因や治し方がシンプルとはいうものの、簡単にすぐ治るものではないので、毎日のきちんとしたスキンケアが必要なのは言うまでもありません。思春期ニキビは大人ニキビには不要の「殺菌」というケアの必要なので、しっかり殺菌する「サリチル酸」などが配合された専用のスキンケア化粧品を選びましょう。

 

 

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

 

しかし大人ニキビを治すのに化粧水だけでは不十分です

大人ニキビを化粧品で治すには、化粧水だけでは十分ではありません。
なぜなら、大人ニキビを繰り返さないためには、4つのステップがあるからです。

 

大人にきびビの治し方

 

 【 ステップ 1 】

やさしく洗う(洗顔料)

 毛穴の汚れを吸着除去

 

↓ 

 

 【 ステップ 2 】

うるおす (化粧水)

 毛穴内部と周囲を集中ケア

 

↓↓

  

 【 ステップ 3 】

 つつみこむ (美容液)

 肌を整えうるおいキープ

 

↓↓↓

 

 【 ステップ 4 】

守る(クリーム)

 お肌のバリア機能を向上

 

↓↓↓↓

 

 大人にきびを治す

 

 繰り返さない!!

 

 

 

 

大人ニキビを治す化粧品を選ぶなら

思春期ニキビは思春期が終わると自然に治りますが、大人ニキビは原因が異なるので、放っておいたら治りません。

 

大人ニキビの症状を緩和するだけなら、化粧水だけでのニキビケアでもいいかもしれませんが、同じ場所に繰り返すニキビをなくすには、しっかりしたスキンケアが必要です。

 

  1. 肌表面や毛穴のつまりを除去
  2. ニキビの有効成分と潤いを浸透
  3. 肌のターンオーバーの正常化
  4. 潤いを閉じ込める

 

ニキビができているときは、肌のバリア機能が低下しています。
肌バリア機能を正常化しないと、敏感肌の無防備な状態がつづき、大人ニキビはもちろん、さまざまな肌トラブルを繰り返す原因となってしまいます。

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

大人ニキビを治す化粧品 私が試したおすすめランキング

皮脂汚れの除去だけでは治らない大人にきびは、角質ケアや抗酸化ケアができる化粧品選びが重要です。刺激が少なく、肌を乾燥から守り、ニキビを繰り返させないおすすめの基礎化粧品はこちらです。

 

 

富士フイルム ルナメアACの特徴

1週間トライアル4点セット 1000円+税(送料無料)

殺菌剤不使用で、肌への負担が小さい「ファイバースクラブ」が大人ニキビの原因をやさしく取り除きます。

ナノ化技術を活かした「アクネシューター」が有効成分とうるおい成分を同時に届けます。

「続けやすい × 効果を実感」なので、
@cosme口コミランキング1位など多くの口コミ大賞を受賞しています。

簡単に大人ニキビと乾燥がケアできると評判です。
いままでのニキビケアが変わります!

 
 
b.glen(ビーグレン)の特徴

7日間トライアル4点セット 1620円+税(送料無料)

泡洗顔では落ちない毛穴の汚れを超微粒子の天然クレイが吸着して排出します。

生薬成分で炎症を抑え、潤いを与えます。

髪の毛の太さの1/1000超微小カプセルQusomeで角層の奥までビタミンCを届け、皮脂バランスを整えます。


バリア機能を高め、乾燥からお肌を守るため、大人ニキビを繰り返しません。

「落とす」→「鎮める」→「整える」→「守る」
の4stepが大人ニキビを解決します。

365日返金・返品保証があるので、安心してお試しできます。

 
 

nov/ノブの特徴

1週間トライアル4点セット 1000円+税(送料無料)
(クレンジングと洗顔料は2回分)

美白もできる大人ニキビケア!

3つ美肌ケアが同時でできます
 ・保湿力
 ・マイルドピーリング
 ・ニキビケア

さらに人気の秘密は
 ・臨床皮膚医学にもとづいたニキビケア
 ・全品コスメドジェニックテスト済
 ・無香料、無着色

@cosme口コミランキング トライアルキト部門1位

もっちり、ツルツル&美白もできる。
臨床皮膚医学にもとづいた肌ケアを体験できます!

 

 

 

>> メニュー【目次】に戻る

大人ニキビの特徴は?

大人にきびは、「同じ所に繰り返しできる」「治りにくい」という特徴がありますが、そのためさらに「ニキビ跡」が残りやすくなるという特徴があります。にきびを繰り返さないためには、皮脂の除去だけではなく、角質ケアや抗酸化ケアが必要とされています。

 

大人ニキビの治し方は?

できる部位によって原因は異なるので、治し方も異なってきます。たとえば、フェイスラインは、男性ホルモンによる皮脂過剰、Tゾーンはアクネ菌によるもの、額や生え際はシャンプーの洗い残しや前髪による刺激などが考えられます。また同じ場所にできるのは、炎症による角質肥厚が起こるため。
 
肌の乾燥も手伝って、毛穴を塞ぐ角質が厚く、堅くなるので、その結果、頑固なものになってしまうのです。治し方は一つではありませんが、大人ニキビの場合、共通した肌対策は「毛穴をキレイにすること」はもちろん、「肌内部を保湿すること」があげられます。
 
しっかりとお肌の内部を潤すことにとって、肌のターンオーバーが正常化され、大人ニキビの原因を除去できると考えられています。
 

 

大人ニキビ 年代別オススメ化粧品

これら大人ニキビ化粧品にも特徴があって、年代別におすすめする化粧品も異なります。

 

20代の大人ニキビには

20代の肌は肌内部には乾燥がなく、真皮層の潤いも十分なので、肌深部の保湿よりは、古い角層や皮脂による毛穴のつまり対策をするのが、大人ニキビ改善への近道です。

したがって、nov/ノブのマイルドピーリング効果で毛穴の黒ずみや毛穴のつまりをなくすとともに、正常な角層のターンオーバーを促すのがおすすめです。

 

40代の大人ニキビには

40代の肌は加齢により真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少し、肌内部が乾燥いるケースが多いようです。肌内部が乾燥すると角層のターンオーバーの周期が乱れたり、毛穴がつまりニキビができます。なので、肌表面より内部保湿が重要なのです。

 

 

 

したがってビーグレンのQuSomeというナノ技術による浸透効果でやさしく炎症を鎮めるとともに、肌内部の保湿を行うのがおすすめです。

 

30代の大人ニキビには

30代の肌は、20代と40代のちょうど中間の肌状態なので、肌表面のケアと内部の保湿の両方を行う必要があります。

 

 

 

したがって、ルナメアACのファイバースクラブによる毛穴のつまりの除去アクネシューターによる保湿とニキビ有効成分でバランスよくニキビケアを行うのがおすすめです。

 

 

nov/ノブ ルナメアAC ビーグレン

 

 

 

20代の大人ニキビにはノブACアクティブ

 

30代の大人ニキビにはルナメアAC

 

 

40代の大人ニキビにはビーグレン

大人ニキビを繰り返さないためには原因を知ることも大切です

思春期にきびの延長に大人にきびがあると思われている方がいらっしゃいますが、これらは別物です。にきびができてしまう工程は同じなのですが、原因や肌環境が異なるので、治し方が異なってきます。

 

ニキビとは、おもに毛穴が皮脂や角栓などにより詰まってしまい、出口を塞がれた状態のなか毛穴内部で「アクネ菌」が増殖してしまい、炎症を起こしてしまうというものです。

 

 

10代の頃にTゾーンや頬にできる思春期にきびの原因は、過剰に分泌された皮脂です。なので、こまめに洗顔をして清潔に保っていると治る可能性は高くなっています。

 

また、思春期にきびは、成長期のホルモンバランスの変化によって、男性ホルモン優位となり皮脂が過剰に分泌されるため起こります。
 
したがって思春期が終わりホルモンバランスが整うと、自然と症状は落ち着いてきます。

 

 
しかし、大人にきびの原因は、古い角質の蓄積や肌の乾燥によって毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖するというもの。思春期ニキビとは、毛穴が詰まる原因が異なっているのです。肌のターンオーバーの乱れによる角質肥厚、ストレスや活性酸素などによって起こるとされていますが、詳しくはまだ解明されていません。

 

 

顔以外の大人ニキビを治すには?

顔以外の部分似も大人ニキビができてしまうことがあります。

 

しかし顔以外のニキビは、いったんできると頑固です。
その理由は角質層の厚さにありました。

 

たとえば背中の皮膚の厚さは、顔の7倍!

 

だから、部位別の専用ニキビケアが必要だったのです。

 

皮膚が厚い部位は、古い角質や汚れが毛穴をふさいでしまいがちです。
そのため、ターンオーバー周期も乱れてしまうのです。

 

もし同じ場所にばかりニキビができるなら、一度部位別スキンケアを試すことをおすすめします。

 

背中ニキビには パルクレール デコルテニキビには クリスタルモーション

 

 

美白もできる大人ニキビケア!

 

・日本製で日本人の肌に合わせてつくられたニキビケアジェル
・あごニキビにもOK
・安心の永久返金保証付き!

 

 

 

 

胸元やデコルテラインのニキビを 集中的にケア!

 

・低刺激で敏感肌の方でも安心

・究極のオールインワンジェル 

あごニキビには メルライン お尻ニキビには ピーチローズ

 

 

 

フェイスラインを徹底保湿!

 

・無添加、日本製
・スキンケア大学にも掲載
・高純度・高濃度プラセンタ配合
・180日間返金保証付き

 

 

 

 

超低分子ヒアルロン酸が厚いおしりの肌 角質まで浸透!

 

・60日間返金保証付き
・ 送料&代引手数料無料

ニキビ跡には リプロスキン 肌質で選ぶなら ネクア

 

 

 

 

ニキビ痕の凸凹・赤らみ・黒ずみ対策!

 

潰してしまったニキビには
ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水

 

ゴワゴワになったお肌を 柔らかくして、
浸透力を上げてニキビ痕をケアします。

 

 

 

 

肌質別ニキビケア!

 

繰り返すリバウンドニキビは肌質別のケアが必要。

 

・選べる4タイプ
・初回50%OFFキャンペーン中

エステならシーズラボ クリニックなら 湘南美容外科

 

 

 

人気コスメ「ドクターシーラボ」グループのエステ。

 

・医師が開発したオーダーメイドメニュー
・最新機器を取り揃えた本格エステサロン

 

★ニキビケア
10種類以上の基材の中から症状に合わせてオーダーメイドケア

 

 

 

 

徹底的に治すなら美容皮膚科!

 

全国展開の美容外科クリニック

 

・2015年 年間来院者数:81万1434人
・2015年紹介リピーター率90%以上
・2016年6月時点全国50院47拠点展開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人ニキビについて

思春期を過ぎてからできるニキビは、「大人ニキビ」とか吹き出物と呼んでいますよね。
呼び方は変わっても、いくつになってもニキビに悩まされる人がいるのは確かです。
でも、どうして大人ニキビができるのかや、正しいケアの方法を知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。
今回は、大人ニキビについてちょっと詳しくみていきましょう。

 

 

大人ニキビとは?

そもそも大人ニキビとは、「20代以降にできるニキビ」のことをいいます。

 

ニキビといって真っ先に思い付くのは、中学生頃の思春期に顔にできるものですが、こちらはホルモンの影響で皮脂が活発に分泌されることで起こります。

 

一方、大人ニキビは、スキンケアの方法が間違っていることや、生活習慣の乱れによって引き起こされるのです。思春期のニキビは一過性のものが多いですが、大人ニキビは日頃の習慣によるものがほとんどのため大変やっかいです。大人ニキビを改善するためには、毎日の正しいケアが重要になってくるのです。

 

 

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は主に2つに分けられます。「内的要因」と「外的要因」で、前者はストレスや生活習慣の乱れによるもの、後者は肌を不潔にしていることや間違ったスキンケアをしていることによって起きるものです。

 

内的要因

内的要因は、人間の体の内側から生じている原因のことで、心身両面が関わってきます。具体的には、睡眠不足やストレス過多、食生活やホルモンバランスの乱れによってニキビが引き起こされるケースです。

 

外的要因

体の内面からの要因とは逆に、皮膚に外からの刺激が加わることによってニキビが起きているケースは外的要因によるものです。

 

肌を不潔にしていることや、肌が乾燥していること、紫外線の浴びすぎや間違った洗顔方法などによってニキビが引き起こされているケースです。

 

自分のニキビの原因が内的要因だと思う人は、「体の内側からの大人ニキビ対策」のページに対処法が詳しく載っています。同様に、外的要因に心当たりがある方は、「体の外側からの大人ニキビ対策」のページを参考にしてください。

 

 

化粧水選びのポイント

洗顔したら当たり前のようにつけている化粧水ですが、そもそも化粧水が果たす役割や、大人ニキビにはどのような成分が配合されている化粧水を使えば良いか知っていますか?

 

お肌にとって化粧水がどのようにはたらいているのかや、大人ニキビにふさわしい化粧水についてみていきましょう。

 

<大人ニキビ用の化粧水のはたらきとは?>

 

化粧水には主に以下のような機能があります。

 

「化粧水に配合された成分によってお肌の調子を整える」
「水分と油分のバランスを整え、肌に潤いを与える」

 

この2つの機能によって、大人ニキビができる要因のひとつの「肌の乾燥」を防いで、大人ニキビを予防する成分で肌の環境を良くすることができるのです。

 

ここで、じゃあ大人ニキビに良い成分って一体何なの?という疑問を持つ人も多いでしょう。
次に、大人ニキビに有効な成分や、製品についてみていくことにします。

 

 

大人ニキビに有用な成分・製品

大きく分けて、大人ニキビに効果的な成分や製品は以下の4つです。

 

<大人ニキビに有用な成分・製品>

 

1.「グリチルリチン酸」:グリチルリチン酸には、抗炎症作用があります。ニキビができているところは赤く腫れていますから、その腫れや炎症を抑えてくれるのです。甘草から抽出されていて刺激性も低いです。「グリチルリチン酸2K」や「グリチルリチン酸ジカリウム」と書かれていることもあります。

 

2.「ビタミンC誘導体」:ビタミンC誘導体は皮脂が過剰に分泌しないように抑えるはたらきがあり、ニキビを作らないようにしてくれます。また、すでにできてしまったニキビの跡を薄くしてくれる効果もあります。

 

3.「ノンコメドジェニック製品」:ニキビを作りやすい成分を配合していない商品のことをノンコメドジェニック製品と呼びます。「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれている商品の方が、より安心して使用できます。

 

4.「オイルやアルコールが入っていない製品」:オイル・アルコールフリーのものを選んで使うようにしましょう。オイルは、ニキビの原因になるアクネ菌のえさになるので、オイルが入っているとアクネ菌が増殖してニキビが悪化してしまいます。また、アルコールは肌を乾燥させてしまいますし、刺激が強いので、ニキビができている肌には向きません。

 

以上のことから、大人ニキビができている人は、グリチルリチン酸とビタミンC誘導体が配合されていて、オイル・アルコールフリーの製品で、なおかつノンコメドジェニック製品を選んで使用すれば良いということになりますね。

 

また、逆に大人ニキビができている人が避けるべき成分は以下になります。

 

<大人ニキビの人が避けるべき成分・製品>
1.「殺菌成分」:殺菌成分が入っているものは、肌が本来持っているバリア機能を低下させてしまうので避けましょう。お肌には常在細菌がいて、肌に必要な菌もいるのです。

 

2.「硫黄(イオウ)」:思春期ニキビ対策の商品にはイオウが良く入っていますが、乾燥してしまうので大人ニキビには不向きです。

 

3.「思春期ニキビ用製品」:肌が乾燥しやすく潤いが不足して、肌が本来持っているバリア機能を低下させてしまいます。おなじニキビだから、思春期ニキビ用製品を使っても良いだろうと思っていた人は大間違いです。原因が違うのですから、ケアする製品も違うということです。

 

大人ニキビに悩んでいる人は、どんな化粧水を使うべきかをきちんと知った上で、正しいスキンケアをしていくことが重要です。
正しい生活習慣をした上で、化粧水選びを間違えなかったら、大人ニキビはもう治ったも同然です!

 

詳しくは、「大人ニキビの化粧品6選|ニキビができた時の選び方と正しい洗顔方法」のページを参考にしてください。

 

 

 

正しい化粧水のつけ方&アフターケア

 

次に、正しい化粧水のつけ方と、化粧水をつけた後の正しいスキンケア方法について詳しくみていきましょう。

 

 

正しい化粧水のつけ方

正しい化粧水のつけ方を考える前に、まずは正しい洗顔法を知らなければいけません。
正しい洗顔方法は以下のようになりますので、今まで自己流で洗顔していた人は、もう一度見直してください。当てはまる項目があったなら、今すぐに間違った洗顔方法は止めましょう。

 

・顔をゴシゴシこすらない優しく洗う
・良く泡立てて、タップリの弾力泡で洗うこと
・洗顔の回数は1日に2回(朝・晩)
・直接顔にシャワーを当てないで洗う
顔の皮膚は、体の他の部分に比べてとても薄くてデリケートにできています。とても目立つ場所だからこそ、普段の習慣がものをいいます。優しく丁寧に洗うようにしましょう。

 

大人ニキビができている人にオススメの洗顔料ついてですが、刺激が少なくて充分に汚れを落としてくれる固形石けんがベストです。「牛乳石鹸」や「non.A(ノン・エー)」などが適しています。

 

大人ニキビの正しい洗顔法について、もっと詳しく知りたい人は、「大人ニキビの洗顔|正しい洗顔で早く治してくり返さない方法」のページを参考にしてくださいね。

 

 

保湿力アップのためのアフターケア

お肌にきちんと潤いを与えるためには、化粧水をつけた後の正しいスキンケアも重要になってきます。以下に、洗顔後のスキンケアの方法をまとめましたので、参考にしてください。この機会に、自分のスキンケアの習慣をしっかりと見直してみてください。

 

 

@化粧水をつける

顔を洗った直後の肌は、いつもにも増してデリケートな状態で無防備になっています。顔の水分をタオルで優しく叩くようにして拭き取ったら、すぐに化粧水をつけます。洗顔後時間が経つにつれて、肌の乾燥が一気に進みますから、なるべく早く化粧水をつけることが重要です。
タオルで水分を拭き取ったら、30秒以内に化粧水をつけるようにしましょう。

 

化粧水の正しいつけ方は以下のとおり。

 

1.前もって手の平で軽く化粧水をあたためて、優しく顔全体になじませてください。
2.口元や目元は特に乾燥しやすい部位です。この部分には、追加で化粧水をなじませるようにしましょう。指のひらを使ってあたためながらなじませてください。
3.手の平が肌に吸い付くような感じに顔全体に化粧水がなじんだら完了です。

 

また、化粧水をつけるポイントとしては、パッティングで肌に叩き込むようにしてつけるのはあまり良くありません。手の平で押しつけるようにして顔になじませるのが正解です。人肌であたためながら浸透させるイメージでつけてください。

 

<化粧水は手でつける>
コットンを使ってつけている人も多いかもしれませんが、手の平で直につけるとよりベターです。瓶から出したままの化粧水は冷たいので、手の平であたためてから、お肌に押しつけるような感じで浸透させましょう。同じ原理で、手の平が冷たくなっているときよりは、入浴後などの温かいときの方が化粧水が浸透しやすくなります。

 

 

A乳液・美容液・クリームをつける

化粧水をつけ終わったら、今度は乳液、美容液、クリームをつけていきましょう。

 

たまに、「ニキビに油分は大敵だから」といって化粧水だけで終了してしまう人がいますが、それはお肌にとってあまり良くありません。

 

化粧水で充分に水分を与えた後は、油分を補給して肌のバランスを調整することが肝心なのです。
乳液やクリームは、化粧水の蒸発を防いだり、脂溶性の美容成分を補給してあげる大切な役割を持っていますから、一概にオイルを悪者にするのはいけません。

 

大人ニキビができている人は、肌の乾燥が引き金になっていることが多いので、水分と油分をバランス良く補給することが非常に大切になってきます。乳液やクリームは、化粧水と同じように、肌に押しつけるような感じでつけていきます。

 

ここまでの流れと注意点をもう一度おさらいしていきましょう。

 

<正しい洗顔とスキンケアの流れについて>
1.洗顔は朝晩の1日に2回、優しく丁寧に洗うこと
2.洗顔後にすぐ化粧水で保湿する
3.化粧水はパッティングせずに、手の平で押しつけるようにしてつける
4.スキンケアアイテムのつける順番は、「化粧水→美容液→乳液」
大人ニキビを予防したり軽くするためには、正しいスキンケアがとても重要ですから、きちんと実践しましょう。

 

それから、過去にできてしまったニキビの跡でお悩みの方は、「ニキビ跡に効く化粧水9選|跡が薄くなる実力派ランキング」のページを参考にしてくださいね。

 

 

大人ニキビ用の化粧品の特徴

今人気がある大人ニキビ用の化粧品は、思春期ニキビと大人ニキビの違いを研究した上で、しっかりと大人ニキビに効くように作られています。

 

思春期ニキビは、ホルモンによる皮脂の過剰な分泌が原因でほぼ一過性で終わりますが、大人ニキビは肌の乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れによるものが多く習慣化しやすいのが特徴です。

 

大人ニキビができる要因にそって研究開発された化粧品は、皮脂を落とすことよりも「肌の乾燥」を防ぐことを第一に考えて作られています。潤い成分や大人ニキビに有効な美容成分を、なるべく肌の奥深くまで浸透させ、大人ニキビができるのを事前に防ぎます。

 

乾燥を防いで大人ニキビに有効な成分を与えることで、今までくり返しできていたニキビの元を絶ち、ニキビができやすい体質を根本的に改善していくのです。

 

 

毛穴よごれをしっかり落としてビタミンC誘導体でニキビ跡をキレイに!

「ビーグレン」の美容液は「ビタミンC誘導体」入りです。皮脂が過剰に分泌するのを抑えてくれるので、思春期のニキビにも良いです。
ビーグレンの洗顔料はちょっと珍しい「泥洗顔」です。泥が毛穴の中の汚れをからめとってスッキリとキレイに洗い上げてくれます。皮脂分泌が多くて手穴がつまりやすい人には特にオススメです!

 

大人ニキビでも、思春期ニキビでも、赤みが残ったまま跡になってしまうのはとてもイヤですね。赤いブツブツだらけになってしまうと、自分の顔を鏡に映すのが怖くなり、何をするにも自信がなくなってしまいます。消極的になった自分のこともイヤで、ストレスがたまって余計ニキビが悪化する悪循環にもなりかねません。一刻も早くニキビ跡とはサヨナラしたいですよね。

 

 

とにかく保湿力が高ければ乾燥知らず!

朝洗顔後につけるだけで、夜になってもお肌がもっちりプルプルです。
今までのケア用品の中でも、潤い力はかなり凄いです!ただし、保湿力が強い分、若干テカリが気になる人がいるかもしれません。

 

保湿力の凄さを詳しく説明すると、手の平を頬につけると、離そうとしても手に引っ張られて頬がくっついてくるくらい。かなりの保湿力でモチモチ感が長続きするスグレモノ。
肌が乾燥していることが原因で大人ニキビになっている人には、長い時間潤いをキープできるのでかなりオススメできます。

 

 

保湿はバッチリ!赤みの残るニキビ跡や美白ケアも◎

「NOV ACアクティブ」は、ニキビケアと美白ケアを兼ね備えた商品です。洗顔料にピーリング剤が配合されているので、美白ケアができるのです。
ピーリングというと肌にかなりダメージを与えてしまうと考える人もいるかもしれませんが、マイルドなピーリング剤ですので、かえって古い角質を除去するためには重要になってきます。
洗っているときに若干刺激を感じることがありますが、敏感肌の方以外は使用には何ら問題はないでしょう。

 

ノブで実際に洗顔体験をしてみると、くすんでいた肌がワントーン明るくなったような気がしました!

 

肌が明るくなっただけでも効果は充分な感じですが、保湿力もしっかりありますし、乳液にはビタミンC誘導体が入っているのでニキビ跡にも有効です。

 

ノブはその保湿力で肌をしっかりガードして、ビタミンC誘導体でニキビの赤みや黒ずみをケアしてくれるんです。

 

 

大人ニキビ化粧品を使うメリット

最先端の大人ニキビ用化粧品を使うと、肌をガードしながらニキビのない美しい肌へと変えてくれます。

 

ニキビは脂性肌だけでなく、さまざまな肌質の人にできるものです。乾燥肌や敏感肌の人にも対応したニキビケア商品がありますから、自分の肌質を良く見極めて使用すれば、効率良くキレイな肌に近づくことができるでしょう。

 

ただし、大人ニキビ化粧品は、自分の肌質を良く知っていないと、刺激の強さによって乾燥肌がひどくなってしまう場合もあります。

 

きちんと自分の肌の状態が分かれば、ニキビをひどくするようなことはありませんから、肌質が良く分からない人は、肌質別のニキビの治し方を参考にすると良いでしょう。

 

<肌質を変えることができる>

 

大人ニキビ用の化粧品は医薬品とは違うので、即効性はないかもしれません。しかし、顔全体につけることでトータルでお肌に作用して、肌質を改善してくれる効果があります。品質の高い大人ニキビ化粧品を使うことで肌の乾燥がなくなって充分に潤うようなり、肌が本来持っているバリア機能がアップして雑菌などから肌を守ることができるようになるのです。

 

さらには、お肌の細胞が新しく生まれ変わるのをサポートしてくれます。結果的にニキビのないお肌になれるのです。

 

<インナードライ肌を治すことができる>

 

インナードライ肌って聞いたことがありますか?大人ニキビができやすい肌は、表面がベタつくので一見脂性肌のようですが、皮膚の内側はかなり乾燥している場合が珍しくありません。

 

このように、表面的にみると皮脂が分泌していますが、その実内部が乾燥している肌の状態をインナードライ肌と呼んでいて、大人ニキビが非常にできやすい状態です。最近では、インナードライ肌用の大人ニキビ化粧品がたくさん出回るようになってきました。

 

ニキビ肌は、肌の細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてしまうので、角質層が厚くなって化粧品の成分が浸透しにくくなるケースが多いです。ですから、大人ニキビ化粧品は、肌への浸透力が高まるように研究開発されていて、使い続けることでお肌の内部に潤いを行き渡らせることが可能になるのです。

 

肌の内側が充分潤ってくると、皮脂が過剰に分泌されることが少なくなります。インナードライ肌が改善されてくると、結果的に大人ニキビも良くなるというわけです。

 

<敏感肌を治せる>

 

敏感肌の人は、化粧品を選ぶのも一苦労ですよね。でも、今は無添加や低刺激のスキンケア商品がたくさん販売されていますから、その中から自分に合ったものを見つけていきましょう。大人ニキビにも敏感肌に対応した商品があります。

 

人気のある大人ニキビ化粧品は、肌の根本的な問題をトータルで改善していきますから、一時しのぎではなく肌の内側からキレイになれるのです。使い続けることによって、ニキビができにくい肌質へと導き、敏感肌自体を治していく効果が期待できるのです。

 

 

まとめ

大人ニキビの人にオススメする化粧水について述べてきましたが、化粧水は最低でも2週間は使ってくださいね。肌の細胞の生まれ変わりに要する時間は約1ヶ月といわれていますから、早ければ2週間経つ頃には効果を実感できるはずです。
長く継続できそうな化粧水を見つけることも重要になってきますね。

 

大人ニキビを改善するためには、スキンケアももちろん重要ですが、その土台となる体の面からもアプローチが必要です。

 

化粧水以外で大人ニキビを改善するコツについては、

 

「大人ニキビの治し方|きれいに早く大人ニキビを治す方法6つ」
「大人ニキビに効く食べ物|薬に頼らずニキビを治す食材とレシピ」
「大人ニキビの対策と治し方|跡を残さない正しいケアをご紹介」

 

でも解説していますので、ぜひ参考にしてニキビを撃退してください!

 

また、赤くなった大人ニキビで悩んでいる方は、「大人ニキビの赤みを薄くする方法|化粧品から正しいスキンケアまで紹介」のページでご紹介しています。こちらも合わせてご覧くださいね。

 

スキンケアは正しい方法で毎日継続することが重要です。ケアをコツコツと続けることで、いつの間にか大人ニキビが気にならない肌に生まれ変わっているはずです。