ニキビがひどかった中学時代

私は中学時代、額にたくさんニキビがありました。
はじめは小さい物が2つ、3つだったと思います。
ですが、思春期真っ只中だった私はニキビが嫌で潰してしまったり、恥ずかしくて前髪を下ろして隠したりしていました。
そのせいで2つ、3つ程度だったニキビは広がり、いつの間にか私の額はニキビだらけになりました。
ドラッグストアで売っているニキビ用の洗顔料や化粧水、乳液、塗り薬などを使ったりしてはいましたが、一向に良くなりませんでした。
そこで母からのアドバイスで家でもニキビが嫌で下ろしていた前髪を、家の中でだけは上げて過ごすようにしました。
それと洗顔料などの化粧品を辞め、水洗顔にしました。
食べ物は揚げ物など油の多い物を控えて野菜中心に。
それだけでみるみる内にニキビが治っていきました。
今思えば、ニキビ用の洗顔料などの化粧品が私の肌には合わなかった事もありますが、ニキビがなかなか治らなかった1番の原因はニキビを隠そうと下ろしていた前髪による刺激が悪かったんだと思います。
額のニキビが治ってからは滅多にニキビが出来なくなりました。
大人になった今はメイクをするので毎回水洗顔と言う訳にはいきませんが、朝や休日でメイクをしていない日など、出来る限り水洗顔は続けています。

関連ページ

私の思春期ニキビの成功体験・失敗体験
私の思春期ニキビの成功体験・失敗体験
保湿とオロナイン
保湿とオロナイン